はじめに
最近よく手が震える、物を持つと手が震える、字を書く時や細かい作業の際に手が震えてやりづらい、ビールやアルコールを飲んだ後に手が震える、空腹時に手が震えてくる、などなど手が震えることでお悩みの方は居ませんか?

誰もが手の震えを経験したことはあるでしょう。冬の時期に寒くて手が震える、人前に立って発表するなど緊張して手が震える。こういったことは普通にあることです。そういった手の震えでは特に心配することはありませんが、実際に心当たりのない原因不明の手の震えが起きたら「もしかして何かの病気なのかも?」と非常に不安になってしまうでしょう。

そもそも手や足など体が震えることを「振戦(しんせん)」と呼びます。筋肉の収縮や弛緩が繰り返し起こるもので、誰にでも生じることのある不随意運動です。振戦は様々な原因によって起こりますが、あなたに起きている手の震え、原因は一体何なのでしょうか?

当サイトはそんな「手の震え」について、手が震える原因や原因となる病気について詳しく説明している【手の震え専門情報サイト】です。これを機会に手の震えについて詳しく知っていきましょう!


sponsored link



手が震える原因

手が震える原因について大きく分けると、手が震える原因には病気からくるものとそうでないものとがあります。病気が原因となるものについてはこちらでご紹介していくとして、ここでは病気の症状として現れていないものをメインにご紹介していきます。
振戦、つまり手の震えには色々な種類があります。病気が関係していないものとして生理的振戦、本態性振戦が挙げられます。他にも安静時振戦や動作時振戦など振戦には種類がありますが、これらは通常何かしらの病気が関係していることが多いです。それぞれ詳しく説明していきます。

⇒ 生理的振戦

⇒ 本態性振戦

⇒ その他の振戦


sponsored link



手が震える病気

手の震えが病気の症状として現れている場合があります。手の震えと関係する病気としては、パーキンソン病をはじめとする脳の病気や、バセドウ病をはじめとする甲状腺の病気などが代表的です。他にも肝性脳症やウィルソン病などの肝臓に関係する病気、低血糖・糖尿病やアルコール依存症、薬剤の副作用など様々なものが挙げられます。それぞれ詳しく説明していきます。

⇒ パーキンソン病

⇒ 脳梗塞など脳の病気

⇒ バセドウ病

⇒ 甲状腺の病気

⇒ 肝性脳症

⇒ ウィルソン病

⇒ 低血糖・糖尿病

⇒ アルコール依存症

⇒ 薬剤の副作用


sponsored link



何科の病院へ行くべき?

手が震える原因や病気についてご紹介してきましたが、実際に起こった場合は病院で一度診てもらうことになります。他の症状とも合わせて検査や診断を行うことになりますが、その前に「まず何科の病院で診てもらえば良いのか分からない。」という方も多いでしょう。
基本的に震えやしびれなどを起こす原因として多いのが、脳や神経に関係する病気です。従って脳や神経を専門としている神経内科で診てもらうのが良いでしょう。また、神経内科を含む総合病院があれば、検査の結果で違う科の病気の可能性が高い場合でも、病院内で連携してもらえるため安心できます。


脳神経外科疾患情報
日本神経外科学会-神経内科の主な病気-
手が痛い時に考えられる原因と病気

⇒ 手が震える原因へ
⇒ 手が震える病気へ
⇒ ページTOPへ戻る



[当サイトへの問い合わせ]
tenohurue★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。