アルコール依存症
ここでは手が震える原因の一つ、アルコール依存症について詳しく説明していきます。

アルコール依存症とは、依存性薬物であるアルコールを習慣的に摂取することで、アルコールに対する依存が次第に強まっていき飲酒を止めることができなくなる病気です。一度飲酒をすると自制できなくなって必ず飲み過ぎてしまい、果ては異常行動を起こしたりしてしまうなど社会生活に支障を来たす恐れがあります。
また、同じような言葉で「アルコール中毒(アル中)」という言葉がありますが、アルコール中毒はアルコールの許容量を超えて起こる症状のことで、アルコール依存症とは明確に違うものです。


sponsored link



【アルコール依存症の原因】

アルコール依存症の原因は、習慣的にアルコールを摂取し続けることで発症する可能性があります。普段から毎日お酒を飲む人は大勢いますが、実は誰にでも起こり得る病気です。飲酒によって日常生活でのストレスや不安などを解消するにつれ、アルコールへの依存度は高まり症状が悪化していくことになります。また、飲酒の開始年齢や遺伝なども関わっているとされています。

【アルコール依存症の症状】

アルコール依存症の症状としては、前の飲酒から時間が経つほど強く現れ始め、一度飲酒すると治まるのが特徴です。これを「退薬症状」(禁断症状)と呼びますが、以下のようなものが挙げられます。
・不眠
・発汗
・血圧上昇
・興奮
・不快感、不安感
・イライラ感
手の震え(振戦せん妄)
・痙攣発作
・幻視、幻聴
・頭痛< ・頻脈
・動悸
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・胃痛


sponsored link



【アルコール依存症の治療】

アルコール依存症の治療法は、ただひとつ断酒することです。いったん飲酒がコントロールできなくなると、摂取するたびに依存が強まっていきどんどん悪化していくことになります。今の所はこの強い依存に対する治療法はなく、以後は完全にアルコールを摂取しないようにするしか方法がありません。
補助的な役割として、シアナマイドやジサルフィラムなどの抗酒剤、アカンプロセートやナルトレキソンなどの飲酒に対する渇望抑制剤(日本では未承認薬)などによる薬物療法もあります。


このページを読まれた方は、次のページもよくご覧になっています。


⇒ 薬剤の副作用

⇒ 低血糖・糖尿病

⇒ 脳梗塞など脳の病気

⇒ 肝性脳症




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tenohurue★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。