薬剤の副作用
ここでは薬剤の副作用として現れる手の震えについて、詳しく説明していきます。

薬は症状を軽くしたり病気を治すものとして使用されますが、時には副作用として他の症状を起こすことも少なくありません。例として市販の風邪薬では、眠気や頭痛、発疹や吐き気、便秘に下痢と様々な副作用が明記されています。実際にこういった副作用を感じたことのある方も少なくないでしょう。
そして、手の震えも薬の副作用として現れることがあります。


sponsored link



【プリンペラン】

吐き気止めの薬として広く処方されていて、胃腸の働きを助ける薬です。食欲不振や膨満感、嘔吐や胸焼けなどの胃腸の消化器系の症状によく使用されます。プリンペランは抗ドーパミン薬の部類で、ドーパミンの作用を抑える効果があるため、手や足のふるえや筋肉の硬直、乳汁分泌や月経不順などの副作用を起こすことがあります。重い場合はショック症状による意識障害やけいれんなどを起こす場合もあります。

【ドグマチール】

抗うつ薬として古くから使用されていて、胃腸薬や統合失調症薬としても使用されている薬です。基本的に副作用は少なく安全に使用されている薬ではありますが、稀に重篤な副作用を引き起こすことがあります。抗ドーパミン作用がある為、手や足のふるえや筋肉の硬直、乳汁分泌や月経不順などの副作用を起こすことがあります。重い場合は重度の不整脈や呼吸困難などを引き起こす場合もあります。


sponsored link



【メプチン】

喘息の薬としてよく使用されていて、気管支を広げる薬です。気管支拡張薬として使用され、スプレーや内服薬などがあります。β2受容体刺激薬に分類され、心臓の働きを高めて喘息発作を改善する作用があります。心臓の働きを高めるために、手の震えや動悸、頭痛や吐き気などの副作用を起こすことがあります。


このページを読まれた方は、次のページもよくご覧になっています。


⇒ パーキンソン病

⇒ 脳梗塞など脳の病気

⇒ バセドウ病

⇒ 低血糖・糖尿病




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tenohurue★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。