肝性脳症
ここでは手が震える原因の一つ、肝性脳症について詳しく説明していきます。

肝性脳症とは、肝臓の機能が低下しアンモニアなどの毒素が体内で蓄積されて脳に影響をもたらす病気です。運動障害に加え、昏睡などの意識障害を来たすこともある重篤な病気です。肝硬変など肝臓の病気が進行して発症することが多く見られます。


sponsored link



【肝性脳症の原因】

肝性脳症の原因は明確には不明ですが、肝臓機能の低下による神経毒性物質の排出不足が起因していることは分かっています。中でもタンパク質の分解によって生じるアンモニアが体内に蓄積し、血流に乗って脳へ送られることで発症すると考えられています。また、血中のアミノ酸濃度のバランスが崩れることも原因として挙げられます。
肝硬変など慢性肝臓疾患の患者がアルコールを多量に摂取するなど、肝臓へさらに負担をかける行為によって発症するケースが多く見られます。

【肝性脳症の症状】

肝性脳症の症状としては、初期では思考能力や見識能力の低下といった精神症状、睡眠リズムの変化などが挙げられます。進行するにつれてこれらの症状が強まると共に、羽ばたき振戦(手を広げるとバタバタと羽ばたくように震える)などの運動障害、人格障害や異常行動などを起こし、最終的には昏睡状態に陥ることもあります。元々が慢性の肝臓疾患によって発症することが多いので、肝性脳症を発症する時点ではかなり肝臓が悪くなっていると考えられます。


sponsored link



【肝性脳症の治療】

肝性脳症の治療は、タンパク質の摂取制限など食生活の改善、便秘を解消するための下剤やアンモニアが産生する腸内細菌に対する抗生剤、血中アミノ酸のバランスを整える薬剤などの薬物療法などを基本に治療を行っていきます。肝性脳症の多くは治療をすれば治るものですが、昏睡を起こすほど重症化している場合は致死率も高いため注意が必要となります。


このページを読まれた方は、次のページもよくご覧になっています。


⇒ ウィルソン病

⇒ 脳梗塞など脳の病気

⇒ アルコール依存症

⇒ 低血糖・糖尿病




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tenohurue★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。