その他の振戦
ここでは手が震える原因の中でも、生理的振戦や本態性振戦以外の振戦の種類について説明していきます。

生理的振戦は病気が関係していないもので、本態性振戦は病気が見当たらない場合のものですが、他にも振戦には種類があります。安静時振戦、企画振戦、姿勢振戦、羽ばたき振戦などの振戦の種類について、それぞれ詳しく説明していきましょう。


sponsored link



【安静時振戦】

安静時振戦とは、落ち着いて安静にしている時に震えるもので動こうとすると消失します。リラックスしている状態にも関わらず震えるのが特徴の振戦で、多くの場合何かしらの病気が起因しています。代表的なのがパーキンソン病による症状として現れるものです。また、抗精神病薬などの薬剤の副作用として現れることもあります。

【企画振戦】

企画振戦とは、意図した動作を行う際にふるえが起こるもので、例えば水を飲む時にコップに手が近付くにつれ震え始め、コップを持って口に近付けるとさらに震える、といった症状が起こります。小脳に異常がある場合に起こりやすく、多発性硬化症を始めとした脳の病気ウィルソン病アルコール依存症などの症状として現れることが多いです。

【姿勢振戦】

氏性振戦とは、姿勢を保つことによって震えが起こるタイプのもので、筋肉の疲れで徐々に起こるのとは違って唐突に震え出すのが特徴です。甲状腺の病気で起こることが多く、アルコール依存症や病気の副作用として起こることもあります。


sponsored link



【羽ばたき振戦】

羽ばたき振戦とは、腕を左右に広げた時に突然下がってしまい、また元の位置に戻るような動きをするもので、その動きが鳥が羽を広げて羽ばたく様に見えることから名が付いています。肝性脳症の症状として現れるのが典型的で、他にも腎不全や重度のアルコール依存症で起こることもあります。


このページを読まれた方は、次のページもよくご覧になっています。


⇒ パーキンソン病

⇒ 脳梗塞など脳の病気

⇒ バセドウ病

⇒ ウィルソン病

⇒ アルコール依存症




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tenohurue★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。